カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

時短要請解除

12日(日)24:00をもって中心街の一部エリアに出されていた、酒類を提供する飲食店への時短要請が解除されました。

しかし、人流抑制効果は維持されているようです。昨日は暇でしたね。
報道によれば、県内の飲食店起点の感染経路は40%に上ったということらしいです。要請が出されたエリア内で酒類を提供する店は1300軒あまり(RAB報道)。そのうちの98%が要請に応じたということなので、感染拡大防止には一定の寄与があったことでしょう。利用者も店も真面目ですね。

市の意見を聞いて、県が設定した対象区域について、三村知事は「感染場所は明かせないが、市は相当広めに範囲を設定したと思う」(8/31付け、デーリー東北紙面)と。
なるほど、私権の制限は必要最小限であるべきなので、費用(税金)対効果のバランスも見ながら、決めたということですかね。エリアの中心(源流)を抑えておけば、その周辺に点在する飲食店は、時短要請がかかってなくても自粛するだろう、という目論見があったかどうかは知りません。

要請期間中、毎晩、閉店後にエリア外の状況を観てきました。当店同様に開店休業の店。かと思えば、お客が密になって盛り上がってる店。諦めて営業自粛してる店。店もお客も、考え方は様々ですね。
解除された今、感染が再び拡大しないことを祈るばかりです。

さて、改めて要請対象となった地図を見てみました。
線引きはいびつですね。道路という線で区切られている所もあれば、ボコッと凹んだり飛び出したりしてる所もある。なぜだろう?

朔日町と八日町を隔てるエリア。
ん?
朔日町には3軒ほど、八日町にも3軒ほど酒類を提供する店がある。朔日町の店は取り込んで、八日町を切り捨てたのは何でだ?番町に向かうエリアに、店が集積してるけどそこが範囲外なのはなぜだ?

幅員5~6メートルの狭い二車線道路を挟んで、六日町と十六日町は無情に線引きがされてる。十六日町側にいっぱいお店があってもね。それなのに、往復4車線の交通量の多い大きな道路を跨いだ先に、1軒だけポツンとある店だけが範囲内になってる。
ん?
この1軒の店のために、エリアは拡大したのか?怪しいな・・・。新長横町の一帯はカラオケスナックや小料理屋が建ち並んでいるが、それは完全にスルーされてる。

三日町と十三日町を見てみる。
はっち側の並びにある三日町で酒類を提供する店は、3軒。
エリア外の十三日町には10軒以上あるのに・・・。十三日町は、中心街じゃなかったんですね。これは迂闊にも知らなかった。

協力金云々じゃなくて、これが感染抑止に効果的かつ合理的な、必要最小限のエリア設定だったのか?ということにどうしても疑問が残るのです。
エリアの設定方法は、クラスター震源地から拡大していって決めたのか?それとも、中心街全域にまず網を掛けて、範囲を縮小するように絞り込んでいったのか?
さらに、前回も書いたけど、人流の傾向を把握した上での決定なのか?

現場を見ていない行政の独りよがりの、或いは恣意的な、もしくは何等かの圧力、ひいては行政と民間の癒着、の結果なのだろうか。
今後のために、それを探る必要があるかもしれない。
店主はひねくれているし、しつこいし、誰にも忖度する必要もそのつもりもないのでね。

曖昧な線引き

昨日、八戸市の施策が発表されましたね。
酒類を提供する飲食店への、20時までの営業時短要請です。
その対象となるエリアも特定されました。

ん?
同じ中心街にありながら、道路一本挟んで対象とならない区域がある。
例えば、やぐら横丁。
多分、人流はあの道路を境に隔絶しているという統計データを基にした、合理的な判断があってのことなんだろうな。道路を跨いで自粛要請対象外のエリアへ行くには、きっとビザを確認する検問所か何かがあるのだろう。でも、アメリカとメキシコ国境のような壁は無かったはずだが・・・。
あ、そうか!
あのやぐら横丁の道路を常に風が吹き抜けていて、天然のエアーカーテンによってウイルスすらも遮断されているんだな。地続きに見える目の前の、歩いて数歩先にある店が、実は隔絶されていたなんて知らなかった。それを実地調査して突き止めた行政担当職員は偉い!
実地調査などせずに、机上に広げた地図を見て「う~んと、境界はこの辺でいいよね」「いいんじゃない?」と安易に決めてなんかないよね。そんな安直な仕事で、私権の制限が出来る訳がない。

さて、市内で発生した飲食店クラスターは「接待を伴う」店だと発表があった。「接待」と「接客」の違いは以前の呟きにも書いたから省くとして・・・。
「接待を伴う飲食店」に自粛を促すのが施策の中心なら、エリアに関係なく、市内全域で同様の営業形態を取っている店すべてに要請すべきではないか?(過去においても、接待を伴う飲食店で発生した事例が全国各地に数多あったのは承知の通り)
逆に、ガイドラインにそって感染対策を講じている店には、営業時間や酒類の提供の判断を店に委ねてもいいのではないか?

さらに言う。
エリアを決めるということは、どこかで線引きがなされるということ。
「黒い雨訴訟」や福島原発の「帰還困難区域」の指定然り。(もっとも、どちらも
国家賠償の補償問題だが)
線の外側なのか、それとも内側なのかで、利益を得たり、不利益を被るというのは悩ましい問題だと思う。どちらにしても自分で決められないからね。

ところで。
「あおもり飲食店感染防止対策認証制度」が始まって間もなく3ヶ月。
県内で認証を受けた店舗は224軒(8/30現在)。八戸は14軒。たったの6%!
そのうち、広義の中心街で酒類を提供している認証店は5軒あります。その中にはスナックも1軒認証されています。
「認証制度」については、以前にも詳述したので省くとして・・・。

エリアで線引きするよりだったら・・・という提言を。

①認証店には原則、時短要請をしない。
 または、認証店には20時ではなく22時までの営業を認めたうえで、22時以降の営業を自粛した場合は時短協力金を全額支給する。(つまり、認証取得への啓蒙を間接的に促す)

②深夜営業の届けをしている飲食店(=深夜酒類提供飲食店。「接待」営業は不可で、24時~6時の間、酒を提供する際は警察の認可が必要=いわゆるスナック形態)
③風営法1号営業の許可店舗(「接待」営業は可だが、営業時間は24時までに制限される)
この、②③に該当する店舗は、所在地に係わらず一律に20時までの時短要請をする。

・・・というのは、どうでしょうね。
もっとも、あくまでも「要請」ですから、応じない店も出てきそうですがね。


最後に。
当店ヴィエントは、自粛要請の対象区域外です。
また、先に記した県の認証店でもあります。
最近は開けて待ってても、お客さんは来ません。
でも、開けることしか出来ません。
開いてる店が少ないから、お客さんが多数流れてくるなどとは考えていません。
仮に「他やってないから、ここでもいいや」とお客さんが来ても、どなたでもご利用頂けるワケではありません。
店主が偏屈なの、知ってますよね?
感染防止の意識低い方は、バンバンお帰り頂きます。
ひねくれているので。
だから、そもそも時短要請を受けていないので、通常通り営業します。
意地です。
だって、酒に罪はないから。
罪は、人にこそある。

混迷してる行政の感染対策

今日は呟きが長いですよ・・・。

当地、八戸を中心とした感染拡大が止まらない。

先だって青森県が独自の対策を打ち出しました。発表時点で、三村知事には「まんえん防止等重点措置」の適用申請の考えは無いようでした。理由は「飲食店への自粛要請が中心となる重点措置を適用しても、県内の感染状況が異なるため」という趣旨だったと理解しています。さて、その後の状況は刻々と変化しているため、近日中に感染対策の方向性は、飲食店向けへの時短要請へと舵取りの変更を迫られるでしょう。

県と市の方針にずれと温度差があることは否めません。県独自の対策として、9月末までの県立公共施設の閉館・閉鎖、学校等への部活動の停止を決めました。
対して八戸市は、独自の対策を発表しました。市立の公共施設等の閉館・閉鎖です。それはそうですよね・・・。県の公共施設閉鎖の施策では、市の感染抑止に直結しません。だって、県立の施設なんて、八戸市には殆どないんですから。
それはともかく・・・。

市の対策を聞いて驚きのことが・・・。
昨日、観光交流施設「はっち」でテナント営業しているAさんが来店。9月一杯の閉館について、各テナント個別に行政担当者から説明があったとのこと。
対策の内容をまとめると、次のようになります。

①2階から上階は閉鎖。
②1階の飲食店・物販店は20時までの時短営業。
③2階から上階のイベントスペースは利用申込みがあれば貸し館する。
④9月中に予定されていたイベントは実施する。

えっ?どういうこと?
これで感染対策として功を奏すのでしょうか。

休業を要請される9月分の賃料は発生しないそうです。これ、当たり前。でも閉鎖する3日前に決めておきながら、1ヶ月休業することへの営業補償は無いんだって。誰が考えてもおかしい。日々の営業で生計を立てているテナントはどうすりゃいいんだ?(あ、言葉が乱れてきた)
しかも、2階より上階は休業させて、1階テナントは営業させるって、意味がわかんない。担当いわく、「一階はバスの待合で利用する人もいるから」だと。
理由になってませんね。
③④については、突っ込む気にすらなれない。あほらしい。本当に感染対策を熟考した上での判断なのか?これで完璧だ、とでも思ってるのか?行政の「やってる感」しか感じない。

感染対策の要は、人流の抑制と不特定多数間の接触機会の減少にあるのは間違いない。担当者に訊いてみたい。
「はっちの1階は、不特定多数の人が出入りしても、交流しても、飲食しても、感染防止の観点から見て全く問題がないという判断ですか?その根拠は?」
「はっちの2階から上は、ウイルスが滞留する汚染区域なんですか?」
「2階から上のテナントを休業させることで、感染抑止につながるという合理的な理由は何ですか?その抑止効果の見込みは?2階から上は常に3密の状態なんですか?」

私権の制限をするにあたっては、必要最小限の措置でなければならない。これまた、当たり前。経済的自由権を制限する際は、精神的自由権(表現の自由とか)を制限するよりも緩やかな基準であてはめされるとしても、これはおかしい。

感染対策という目的のために、選ばれる手段がこれですか?これが他に選び得る手段もない、必要かつ合理的な内容ですか?
そもそも対策の内容に整合性がない。そして根拠薄弱。テナントの生活は犠牲にしても構わないのか?従業員を雇用して、給料を払って、諸々の支払にも窮しているテナントの日々の苦労を知ってる?(ヤバイ、熱くなってきた)いや、知らないだろうし、知りたいとも思わないだろうね。だって、決めた人の懐はちょっとも痛まないだろうからね。

まだ言うよ。
「はっち」向かいの「マチニワ」は開けるんだって。季節的に扉は開放されているから、常に換気してる状態だろうけど、施設=建物の中だよね。ここには人が一杯集まっても感染にはつながらないという判断なんですね。
ところで、八戸公園は屋外だけど、こどもの国も公園も閉鎖するんだって。あの広大な敷地に、人はひとりも入れないらしい。風向きの影響で、あの公園はウイルスの吹き溜まりになってるのかな。多分、そうなんだろう。

今日はこのへんでやめとこう。なんか、苛々と、ムカムカと、胎でくすぶる塊が爆発しそうだから。まったく、行政はどこ向いて仕事してんだよ。(怒)






避けるべき話題

酒席でトラブルの元になるから避けるべき、と言われている話題がある。

政治・宗教・スポーツの三つだ。

お客さんがその話題を振ってきたときには、店主としては神経を使う。思想信条の傾向を知ってる馴染みの客ならば、ただ話を聴いて頷いていればよい。他に客が居なければ、曖昧に同調していれば特に問題ない。時として、自分とも通ずるものを感じれば、話は盛り上がる。

人は感情ある生き物が故に、自分とは相容れない信念をお持ちの客とは、できればその手の話題は避けたいところだ。

オリンピックまで一週間を切り、昨晩は面倒くさい客が来た。還暦過ぎの男性だ。

開催することは感染抑止に繋がるのだと、その人は主張する。

「みんなオリンピックを楽しみにしているんだよ。始まれば家でテレビ観戦するから、外に出歩く人も減って感染者も減るんだ」

なるほど、出歩かない人は感染リスクは減るだろう。でも、【みんな】とは誰のことだろう。

「金メダルが掛かる試合では盛り上がって、みんなが応援するだろう」

私はスポーツ観戦そのものに興味がない。他に客も居ない。つい、いらぬことを言ってしまった。

「興味も無い人や、そんな気持ちの余裕が無い人も居ますよね。医療従事者や、明日の生活もままならない人とか。そもそも、観たいという気持ちが私にはありませんよ」

「いや、それはマスターみたいに捻くれた一部の人だけだよ。みんなは選手の活躍を楽しみにしているんだ。世界中でテレビ観戦すれば、感染は収束するよ」

それどころじゃない人も居るはずだが・・・。

「みんなが家の中に居て、テレビで応援するから、感染は確実に減るんだ」

このまま聞き流しておけば良かった。

「世論が揃いも揃って、同じ方向に向くでしょうか。人間って、そんな単細胞なんですかね」

自分が単細胞だと言われたと、彼はカチンときたのだろう。蔑む眼差しで断定した。

「いや、それは違う。みんなはオリンピックに感動するんだよ。それが普通なんだ。マスターみたいに捻くれたマイノリティーも中には居るだろけどね。でも、それはごくごく一部の人だけだ」

もういいや。相手にするのが面倒くさくなった。【みんな】って、彼の周りの人のことだろうか。それとも、世界中の圧倒的大多数の世論のことだと確信しているのだろうか。

これ以上ヒートアップしないように、話題を変えた。自分の主張が常に正しい、という観念に縛られている人との会話は不毛なだけだ。

W.リップマンの『世論』を思い出した。

『我々はたいていの場合、見てから定義しないで、定義してから見る』

彼の頭の中にあるステレオタイプは、なかなか手強いようだ。

酒の提供禁止には感染抑止効果があるのか

昨日の、緊急事態宣言発令の首相会見。

「酒の禁止の効果が出てる」と。

どれくらい?どの地域で?いつからいつまでの比較で?

数字で示せないのはフェアではないでしょう。

「安心安全」と連呼するのも違和感があります。

安心と安全はそもそも同列で語れません。

買物に行こう。財布には千円入ってる。だから間に合うはずだ、と安心する人もいれば、千円では足りないかもしれない、と不安に思う人もいるはず。安心は個々人の感情や意思に左右されます。

安心ならば安全、という構図は成り立ちません。

逆に、安全ならば安心してもよいと考えるのは論理的でしょう。安全のための対策について、合理的な理由があり、客観的な数値で方向性を示せるならば。

驚いたことが他にも。

禁酒の効果を高めるために、酒類販売事業者は酒を提供する飲食店との取引をやめろというもの。

開いた口が塞がらない・・・

憲法22条の営業、職業選択の自由を不当に制限するものです。憲法13条の個人の尊厳、幸福追求権をも侵害しかねません。

「薬事法距離制限の違憲判決」を思い出しました。

薬局の開業規制をすることは、目的と手段が不均衡で、開業規制以外の方法でも目的を達せられるから合理性を欠く、というものです。

経済的自由権は、精神的自由権よりも緩やかな違憲判断基準が適用されるとしても、目的手段審査に当てはめれば、必要相当以上の権利侵害に該当するんじゃないですか。

さらに、酒類の提供禁止に従わない場合、科料という罰則が適用されます。グローバルダイニングが東京都を被告に訴訟を提起していますが、頑張れと応援したい。

国家賠償法にあるとおり、公共の福祉のために私権の制限をする必要性がある場合には、損失補償とバランスが取れなくてはならないでしょう。

先の「薬事法距離制限」訴訟では、改正後の薬事法の適用をしたことに違憲性はなかったと最高裁は判旨していますが、疑義を感じます。憲法31条の適正手続きの保障、39条の事後法・訴求処罰の禁止に反しているのではないかと。

それと同じことが、今起きています。

緊急事態宣言を発出する根拠は、昨年改正された特措法です。その後、閣議決定や運用の見直しで、私権の制限の範囲が拡がっています。国民の私権を、政権の拡大解釈や解釈の変更で勝手に制限しないでください。

特措法は法律ですよ。何のために国会がありますか。国会で諮ることが民主主義国家の適正手続きでしょう。

国会を閉めてる場合じゃない。

感染防止対策認証

HPトップでもご案内していますが、先週「あおもり感染防止対策認証制度」(青森県保健衛生課所管)に申請し、実地調査の上認証いただきました。

調査は県庁から担当者二人が来店し、一時間ほど掛けて綿密なチェックをされるんです。ディスタンスやパーテーション、消毒作業の実施状況など事細かに見ていきます。

一番チェックに注力していると感じたのは、換気です。

当店は24時間換気になっていますが、吸排気の能力と排気箇所がどこになっているかなど、設備図面の提示まで求められました!

結局、図面はないので、換気扇の写メを撮ってメーカーに問い合わせてくれることになったんです。

翌日電話があり、「二箇所の換気扇能力から算出すると、最大受け入れ客数は10人です」ということに。

30席ほどあった席数を、ソーシャルディスタンス確保のため13席に減らしたけど、それでも多い!

事細かにチェックを入れるからこそ、認証の意味があるんですね。

春先に、やはり県の飲食店見回りでウチにも調査が入りました。そのときのチェックはおざなりだったですね~。

若いおにいちゃん二人が調査で来店した旨告げた後、入り口に立ったままで店奥には入ってきません。下を向いてチェックボードから目を離さず、つまり店の状態を目視するのではなく、淡々と質問してきます。

「アルコール消毒は置いてますか?」

「あなたの目の前にあります」

「体温計で検温はしてますか?」

「それもあなたの目の前にあります」

「マスク会食の注意書きは貼ってありますか?」

担当はずっと下を向いたまま・・・

「見えませんか?客席毎に壁に貼ってますが・・・」

「テーブルにパーテーションは設置してますか?」

「どうぞ、中に入って客席を見てください」

それでも担当は入り口に立ったまま・・・

「これで終わりです」

だと。

どこをどう見てたのかねえ。おざなりのチェックでは意味がないでしょ。それに比べれば、今回の認証チェックは徹底してました。そうでなければ認証する意味などないでしょうから。

市内では2番目の認証店、県内では10番目となりました。良い点がひとつ。感染対策に対して、今まで以上に意識が高まりました。認証店の名に恥じないように、感染防止対策を徹底します。

あとは何をすればいいんだろう?

ルーティンの作業の他、一番大事なのはお客様の利用状況のチェックしかないですね。つまり、偏屈な店主は声高に言わざるを得ないのです。

「マスクして下さい」

「大声を出さないでください」

「回し飲みしないでください」

「トイレの後はアルコール消毒してください」

「会話はパーテーション越しにしてください」

とね。

誰のため?

利用するお客様全てのために決まってます。

酒に罪はない

この一年を振り返ると、様々なプロパガンダに翻弄されてきましたね。

夜の街が危ない。

夜の繁華街が悪い。

接待を伴う飲食店が危険(当初は接客と言ってた。接客を伴わない飲食店なんてないんだから)。

大人数の会食が危険。

飲酒を伴う会食が危険。

そしてとうとう、

酒類を提供する飲食店の休業要請(緊急事態宣言地域)

酒類の提供の自粛要請(重点措置地域)

ですって。

怒りを通り越してアホらしい・・・。

この一年間繰り返されてきた時短要請は、感染抑止効果にどれだけ資したのか。数字で示して欲しいもんだ。検証してるのか?

この国は大丈夫だろうか。

中世の魔女狩り。ペスト渦の時代に生きたまま家ごと焼き討ちしたという正義。関東大震災のときの朝鮮人虐殺。戦時下での赤狩り、焚書・・・。

レイ・ブラッドベリの「華氏471度」、ジョージ・オーウェルの「1984年」が現実のものとなりつつあるような・・・。

世界に目を向ければ、民主主義の抑圧が凄まじい。ウイグル自治区、香港、ミャンマー、ロシアの情勢は他人事ではない。この国だって危ういよ。

ウイルスの秘めた目的は、独裁国家を生み出すことなのでしょう。

さて、という訳で・・・

ウイルスは酒に誘発されて夜に活性化する。だから、密なランチ店でいつまでもくっちゃべってるのは安全なのだ。

世の中、そういうことになってるらしいです。

深夜のバーカウンターで、独り静かに、マッカランの囁きに耳を傾けて陶酔している人は、どれくらい危険な存在なのでしょう。

ところで・・・

当店では感染対策のフェーズを一段引き上げました。

パーソナルディスタンスの徹底です。

あなたは既に感染しているかもしれません・・・。

他人との不要な会話は禁止、マスク無しの会話は絶対禁止です。

正しく畏れることを知らない意識低い方にとって、当店はつまらないでしょう。面白いことはひとつもありませんよ。他人との交流を楽しみたい方は、どうぞ他のお店に行ってください。いや、そんな方には利用して欲しくないので、丁重にお断りします。

他人とお喋りして楽しいのは、自分だけだと気づいて欲しい。周りは大迷惑です。残念な人・・・・やっぱりいるんですよ。店主は偏屈なのでうるさく注意しますよ。何回でも。

「他人と話さないでください」

「マスクしてください」

「他のお客さんの話題に、頭越しに割り込まないでください」

「声を小さくしてください」

・・・嫌な店でしょ。注意されて気分悪くしたらごめんなさいね。どうぞ、遠慮なく席を立ってお帰りくださいませ。はい、さようなら~。二度と来ないでね。

でも、キチガイ店主が常に見えないウイルスに目を光らせています。面倒くさい店ですが、お客さんに一番売りたいのは安心です。どっかのバーガーショップがかつて、メニューボードに「スマイル 0円」と表示してましたけど、当店は「安心 0円」ですから。

結論。

罪は人にこそあって、酒にはない。

追伸

一年前、世論の悪者に仕立て上げられたパチンコ店はどうなっているんでしょうね。パチンコ店でクラスターが発生したというニュースは、残念ながらいまだに目にしていません。

皆様、どうぞご自愛を。

新春のお慶びを申し上げます

あけましておめでとうございます。

今朝の目覚めは、日頃ご愛顧頂いているお客様からのご挨拶メール着信音でした。おかげで、その方を始めとする多くのお客様の顔を思い描いて新年を迎えることが出来ました。

新しい年を、想い新たに歩むことが新春一番の願いとなりました。

皆様のご多幸溢れる一年でありますことをお祈りしております。

トップ頁にも細かくご案内しておりますが、1/11迄の間はご入店の制限を厳しく致しております。コロナ感染拡大を防止するために必要な、当店において出来る全てだという思いです。

年末年始の帰省時期にあって、例年なら再会を楽しみにしているお客様から、利用の可否についてお問合せもあります。お顔を思い浮かべ心で謝りながら、県外在住の方はお断りしております。

どうぞ、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

感染対策の限界

本県でも隣県でも飲食店関連のクラスターが発生しました。お客様は敏感に反応して、更に足が遠退いています。

先日、クラスターが発生した隣県の飲食店店主がインタビューに答えていました。「ガイドラインに沿って対策を徹底してきたが、どこかに足りない点があったのだろう。検証して今後に活かしたい」と。

飲食店でクラスターが発生した場合、全てが店側の責任でしょうか。その店舗への誹謗中傷がやまないとも聞いています。ご利用時に、どのような状態で歓談しているかまで、店側は逐一全てを把握できません。また、ご利用時に濃厚接触があったのではなく、それ以前のタイミングで接触がすでにあったかもしれません。

コロナはウイルスです。インフルエンザもウイルスです。インフルエンザ罹患者が、店舗利用時に他の方へうつしたとしても、そのこと自体が店側の責任になるのでしょうか。食中毒が発生した場合、飲食店は当然に責任を負い、営業停止などの行政処分を受けます。それは食品衛生法上の許可を得て営業しているいる以上当然のことです。でも目に見えない、どこから持ち込まれてくるかもわからないウイルスは、水際での対応に限界があります。コロナ感染者が出た場合でも、行政処分を受けることなどもちろんありません。それでも世間の眼は、当該飲食店に厳しい目を向け、風評被害によって閉店に追い込まれる可能性があります。

そこで当店では、お客様の安心安全のために、感染リスクを更に軽減するために、不本意ながらお客様の内心の自由にまで踏み込んで対応のフェーズを引き上げます。HP冒頭にも注意事項として列記しました。そちらもご確認下さい。

簡単に言うと、次の通りです。

①他人との会話・交流を目的とした利用はお断り

②他人との不要な会話、マスクなしでの会話は禁止

③度を過ぎた大声(判断基準は客観的に見た店主の独断)での会話禁止

一方で、緩和した点もあります。

初見の方(県外在住者を除く。県外在住者は既会員以外お断りします)は予約頂くか、入店時に会員登録(住所氏名連絡先など個人情報の提供)することでご利用頂けます。「COCOA」や八戸市独自の「コード8」の登録者が少ないことに鑑み、店側が利用者の一元管理を行ないます。万が一、感染者が出た場合に、リンクを辿りやすくするためです。

ご理解とご協力をお願いします。

大阪モデル

 吉村大阪府知事が打ち出す大阪モデルで、昨日、コロナ感染拡大を受けて 5人以上の宴会自粛を府民に要請しました。

 当店では先般より、原則4名様までのご利用をお願いしています(事前予約があれば5名様以上も可)。目的は適切なソーシャルディスタンスの保持のためです。その手段として席数を間引き、半分の15席しか用意しないことにしました。それにより、カウンター席では隣との距離を1m~1m20cm確保。テーブル席では対面距離を2m確保、且つアクリルパーテーションで仕切っています。

 吉村知事の要請は概ね理解できるところです。政府が大人数での宴会を控えるよう呼びかけながら、では何人からが大人数なのかという定義を曖昧なままにして提示してないからです。吉村知事自身も「4名までと決める科学的根拠はない」と言っています。それでも何等かの線引きをすることで、行動様式を見直してもらいたいという積極的なアプローチは、無策な政府の姿勢よりも具体的で評価できます。

 しかし、目的と手段という観点から見れば、合理的理由がその手段に存るかと言えば疑問を感じる部分もあります。一律に5名以上の利用自粛を要請するのではなく、各店の席空間に合わせた運用を柔軟に求めるべきでしょう。60cm×60cmのテーブルに4人座るのはOKで、120cm×120cmのテーブルに5人座るのはNGというのでは、運用が硬直過ぎて現場の混乱を招きます。

 また、利用目的についても知事は言及しています。例外として家族・親族の集まりは5名を超えてもOKだと。お盆時期に各地方から参集するだろう親族の会食のほうがリスクあるように思えますが・・・。お客様の利用目的を店側が把握するのは困難ですし、過度な負担を強いられます。会社の飲み会でも、予約時に親族の集まりだといえば5人以上の宴会が可能となってしまいます。

 生活・行動様式の変革を求められている今、利用する側も事業者側も互いに協力・努力・自制が必要でしょう。私はお店の存在がお客様にとって必要なのだという自負を持って、お客様のための店を維持していくために何が必要かを日々考えております。

 私が吉村知事の立場なら、次のように府民に訴えるでしょう。

【会食は原則4名までの利用を要請するものとする。但し、適切なソーシャルディスタンスと感染防止策を講じている場合はこの限りではない。】

ページトップへ